2010年06月16日

北教組幹部に有罪=民主・小林氏陣営への違法献金―札幌地裁(時事通信)

 昨夏の衆院選をめぐり、北海道教職員組合(北教組)が民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営に違法献金した事件で、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)罪に問われた北教組委員長代理長田秀樹被告(50)の判決公判が14日、札幌地裁であり、園原敏彦裁判長は、同被告に禁固4月執行猶予3年(求刑禁固4月)を言い渡した。ともに起訴された団体としての北教組は求刑通り罰金50万円とした。
 小林議員は同日、事件の責任を取り議員辞職を表明するとみられる。
 判決によると、長田被告らは2008年12月〜09年7月、小林氏陣営の会計担当木村美智留被告(46)の求めに応じ、4回にわたり計1600万円を提供した。 

上賀茂神社もアライグマの被害に 専門家が調査へ(産経新聞)
高齢者催眠商法で業務停止命令―長崎県(医療介護CBニュース)
鳩山前首相 特使で訪中 上海万博のジャパンデーに合わせ(毎日新聞)
最高裁長官 裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)
<国会>民主、郵政法案先送り提案 会期延長巡り調整続く(毎日新聞)
posted by けんたうろう at 15:53| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

口蹄疫、諫早湾など課題=「現場感覚」生かせるか―山田新農水相(時事通信)

 副大臣から昇格した山田正彦農林水産相は、自ら牛や豚を飼育するなど農畜産業の経験を持ち、政治家としても長く農政をテーマに活動してきた政策通だ。宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題では、政府の現地対策本部長を務め、地元との調整を担った。農政をめぐっては、口蹄疫以外にも諫早湾干拓事業問題など課題が山積する。現場感覚も生かしつつ、どう乗り切るのか手腕が問われる。
 口蹄疫問題では、政府が5月17日に設置した現地本部で約3週間にわたり指揮を執った。いまだ終息しないが、大臣就任に当たっては「口蹄疫問題はわたしが責任を持ってやらなければいけない」と強調。地元からも「終息に向け全力で取り組んでほしい」(東国原英夫宮崎県知事)と期待されている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
サントリー、宮崎県に義援金1000万円=口蹄疫で
農水相に山田副大臣が昇格へ
家畜の共同埋却を開始=口蹄疫、えびの市で現地調査
国の調査班が現地入り=終息受け、感染経路など探る

<菅内閣発足>「最小不幸社会つくる」強い経済に意欲(毎日新聞)
<菅首相>「報復人事、ない」小沢封じ込めは観測気球か(毎日新聞)
<強盗致傷容疑>女性運転手のタクシー強奪、少年逮捕 広島(毎日新聞)
鳩山内閣が総辞職 退陣会見は行わず(産経新聞)
組閣は8日の見通し(産経新聞)
posted by けんたうろう at 15:18| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

<自立更生促進センター>反対署名4万人、見切り稼働 福島(毎日新聞)

 刑務所を仮釈放された人の社会復帰を助ける「福島自立更生促進センター」(福島市狐塚)が、6月にも入所者の受け入れを開始する。施設完成から2年。法務省は治安悪化を懸念する住民の説得を続けてきたが溝は埋まらず、4〜5月だけで3万9617人分の反対署名が集まった。仮出所者の更生には地域住民の理解が不可欠で、センターは苦しい運営を余儀なくされそうだ。【蓬田正志】

 センターには身元の引き受け手がない仮出所者が入り原則3カ月間、個室と食事、就職支援を受ける。仮出所後に行方をくらました末の再犯が相次ぎ、国の有識者会議が06年に対策を取るよう提言、法務省が先行事例として福島と京都、福岡の3市をセンター建設地に選定した。京都と福岡は住民の反対が強く建設を断念。その後、北九州市が建設地に選ばれ、港湾地区に09年6月、国内初のセンターが開所している。

 一方、福島はハローワークに近く保護観察所の敷地内などから現在の場所が選ばれ、目立った反対がない中、08年1月に着工し、同年7月に完成した。ところが相前後して、同省が周辺の学校に施設の性格を説明すると、急激に反対の声が高まった。犯罪白書(09年版)によると、再犯や順守事項を破るなどして、仮出所後5年以内に約3割が刑務所に戻っている。センターの半径500メートル内には中学・高校などが6校あり、住民は計画撤回を強く求めた。

 「御山町住民の会」の伏見貞俊代表(76)は「建設前に説明したのが町内会長だけでは個々の住民に伝わらない。すぐ近くの2町内会には法務省が概要を説明した文書を回覧させたが、難解で理解できない人が多く、反対の声は起こりにくかった」と憤る。

 このため同省は▽子供への犯罪歴がある▽覚せい剤への依存性が高い▽性的犯罪性向がある−−仮出所者を除外し、開所後1年間は入所を定員20人の半数未満に抑えるなど譲歩した。だが反対運動は収まらず、同省は「一定数の理解者もいる」として4月9日、備品購入など開所準備を始めると公表。今月24日、住民団体から公開討論会への参加を求められた井坂巧・同省福島保護観察所長が「これ以上やっても平行線。議論の余地はない」と回答した。

 県立福島高校保護者会の鈴木清治代表(52)は「法務省のやり方は強引で納得できない。一定数の理解者の根拠もない」と反発。一方、県保護司会連合会の鈴木光二会長(68)は「反対する気持ちも分かるが、満期で釈放されても家庭や仕事がないのでは一層再犯が心配。地域の理解と協力が必要だ」と話している。

【関連ニュース】
裁判員制度1年・市民の判断は:/6 実刑に控訴、保護観察中の逮捕…
自立更生促進センター:反対住民ら要望の公開討論会、福島保護観察所が拒否 /福島
市民in法廷:裁判員裁判 タクシーで偽札、2人に猶予判決「更生を期待」 /東京
自立更生促進センター:福島の施設、3万9617人の反対署名 /福島
裁判員裁判:強制わいせつ被告に保護観察の有罪判決 /宮崎

<傷害>道路にロープ…原付きが転倒、61歳軽傷…愛知(毎日新聞)
同時改定の焦点は「地域完結の24時間支援システム」―民主・山崎議員(医療介護CBニュース)
【新・関西笑談】サッカーに乾杯(4)元日本代表FW 西澤明訓さん(産経新聞)
女性活用に積極的な企業6社
「これからは社民抜きで…」民主・平田氏が社民連立離脱を覚悟、民主党内にも動揺走る (産経新聞)
posted by けんたうろう at 19:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。