2010年06月11日

口蹄疫、諫早湾など課題=「現場感覚」生かせるか―山田新農水相(時事通信)

 副大臣から昇格した山田正彦農林水産相は、自ら牛や豚を飼育するなど農畜産業の経験を持ち、政治家としても長く農政をテーマに活動してきた政策通だ。宮崎県の口蹄(こうてい)疫問題では、政府の現地対策本部長を務め、地元との調整を担った。農政をめぐっては、口蹄疫以外にも諫早湾干拓事業問題など課題が山積する。現場感覚も生かしつつ、どう乗り切るのか手腕が問われる。
 口蹄疫問題では、政府が5月17日に設置した現地本部で約3週間にわたり指揮を執った。いまだ終息しないが、大臣就任に当たっては「口蹄疫問題はわたしが責任を持ってやらなければいけない」と強調。地元からも「終息に向け全力で取り組んでほしい」(東国原英夫宮崎県知事)と期待されている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
サントリー、宮崎県に義援金1000万円=口蹄疫で
農水相に山田副大臣が昇格へ
家畜の共同埋却を開始=口蹄疫、えびの市で現地調査
国の調査班が現地入り=終息受け、感染経路など探る

<菅内閣発足>「最小不幸社会つくる」強い経済に意欲(毎日新聞)
<菅首相>「報復人事、ない」小沢封じ込めは観測気球か(毎日新聞)
<強盗致傷容疑>女性運転手のタクシー強奪、少年逮捕 広島(毎日新聞)
鳩山内閣が総辞職 退陣会見は行わず(産経新聞)
組閣は8日の見通し(産経新聞)
posted by けんたうろう at 15:18| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。