2010年01月17日

現在32ポスト、大阪府の天下り10を削減(産経新聞)

 大阪府出資法人への府職員OBらの再就職をめぐり、府は13日、最高意思決定機関である戦略本部会議を開き、平成21年度当初時点で常勤している府職員OBの32ポスト(23法人)のうち、22年度から10ポスト(10法人)を削減することを決めた。

 府の出資比率が25%を超える出資法人は計33法人あり、府OBの定期的な再就職が「天下り」と批判する声があった。

 この日の会議では、橋下徹知事と幹部らが、有識者らの諮問会議から提出を受けた見直し案について協議。削減数などについて話し合った。

 すでに府の改革案で見直しを予定している1ポストを含めて11ポストを検討した結果、10ポストの削減を決定。そのうち5ポストについてはプロパー職員や民間人登用を含め原則公募にするとした。

【関連記事】
天下り監視の新機関、名称は「適正化センター」
天下り人材価格「400万円」 IT企業会長
独法役員ポスト公募、民間は半数以下に
出資法人への大阪府職員の天下りポストを削減へ
官僚OBの採用ゼロ 農水省所管の独法役員公募

<記録映画>空襲で負傷し障害…現状告発、東京で試写会(毎日新聞)
元会社社長不明、公判中の男が「遺体捨てた」(読売新聞)
<首都高>山手トンネルと大橋JCT、3月28日に開通(毎日新聞)
<漁船不明>10人乗り、長崎・五島列島沖で(毎日新聞)
<谷垣総裁>「物言えば唇寒し」民主党を皮肉る (毎日新聞)
posted by けんたうろう at 15:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。